カラーコピー

企業内、サークル、自治会、などいろんな場面でカラーコピーによる印刷は行われています。では一番賢く経済的なカラーコピーとは一体なんでしょうか?

自社の機械を使えば本当に安いのか?

現在ほとんどの大手企業には自社でカラーコピー機が設置されています。カラーコピーのグレードなどにより価格は様々ですが、機械の価格が100万円〜400万円まで様々です。もちろん100万円以下の安い価格コピー機も存在しますが企業の社内文章などや簡単なチラシを社内のコピー機を使用して印刷する。という比較的ハードな使いかたでは絶えるだけの強さは持っていません。従って100万円以上というのが一般的です。いろいろ調べた結果平均的には250万円から300万円というのが一般的な価格の様です。例えば紙代やトナー代などの消耗品を除いて基本料金と保守料金はどの程度の金額でしょうか?

あるメーカーですと本体価格が300万円。毎月の保守の基本料金が10.000円それにコピーする都度にカウント代がかかります。このカウント代にトナー代が含まれているケースがほとんどですのでトナーを入れた原価を出してます。

コピー機の耐久枚数は一体何枚でしょうか?

当然原価を出すときに必要なのでコピー機の耐久枚数と耐久年数ですね。平均5年程度で枚数は1ヶ月に印刷する枚数でだいたい割ってみます。毎月10.000枚として12ヶ月で120.000枚。5年で600.000枚(60万枚)となります。本体の価格が2.500.000円としてコピー機本体の原価分の割り当てとして1枚当たり0.5円かかる計算になる。機械自体の耐久年数は60万枚以上に有ると考えられるが5年間というのがひとつの目安ではないだろうか?

保守料金はいくら掛かるか?

コピー機械以外に一番のポイントが保守料金である。毎月のコピー枚数によって価格が決められているのが一般的。カラーの場合1〜1.000枚で単価が40円。1.001枚から3.000枚が35円。3.000以上が30円というのが一般的な表の価格。実際にはこれより30%ほど安くなる。印刷枚数が10.000枚の場合はどの程度かが問題だが一般的にそこまでコピーする会社はあまり多くはない。実際あるメーカで交渉した事があったがぎりぎりで9円〜10円と言う所が精いっぱいといったところだろう。そのかわりトナー代は別にかります。

保守以外に基本料が月単位でかかる!

基本料これは機種やメーカーによって微妙に変わってきます。手元のメーカーで月10.000円となっている。この価格は1枚しかコピーしなくても10.000枚コピーしても同じ金額が固定でかかります。

結局はいくらかかるのか!

ざっと計算して(月に60.000枚コピーしたとして5年間の場合)

1.機械本体代  0.5円

2.基本料金 0.17円

3.保守料金35円の50%オフとして17.5円

合計 18.17円 となる。

18.17円×60.000枚で単純に計算すると1.090.200円が毎月かかる計算になってしまいます。

これはあくまでも60.000枚コピーする場合の金額ですが、コピーの枚数が少ない場合は単価は上がるが毎月のコストはコピー枚数によってグロスの予算は当然下がりますが確実に単価は上がる計算になります。

正確に金額を算出して経費経常している会社はごく少数!

実際に上記の様に細かいシュミレーションをして経費を計算しないのはその都度別々にお金の精算をしているために経費がわかりにくい事が原因です。コピー機は必要なので6年リースで毎月固定費として見てますし、トナー代、用紙、基本料、保守料金、それぞれバラバラで場合によっては紙やトナーは別の業者から買う場合(通販など)が多いためひとくくりにコピー代として計算しにくいのは現状だからだと思います。

コピーを外注するメリットとは!

たび市場では片面カラーを1000部注文の場合16円でお受けしています。上記の社内でのコピーから比べても確実に安い訳です。

コピーとインクジェット印刷の違い

カラーコピーはそもそも紙の原稿を1枚コピーして保存をするために出来たシステムで、同じ原稿を100枚も1.000枚も印刷する為のものではありませんでした。オフセット印刷と違い部数が少なくても印刷が可能なのでカラーコピーは今では印刷の様に大量の印刷でも使われる様になりまた。しかしコピーはあくまでもコピーで印刷では有りません。コピーはあくまでも一部かないしは何部かコピーをとって持って置くためのものでした。 

オンデマンド印刷とは

オンデマンド印刷という言葉は良く聞きます。その都度、必要に合わせてという意味の様です。現在このオンデマンド印刷は「トナー方式」と「インクジェット方式」の2種類が主な方式と言っていいでしょう。トナーはご存知のコピー方式でトナーという粉が紙に着いて色を出します。インクジェット方式は最近出てきた方式でコピーの粉に対してインクです。粉は固体ですが、インクジェットの場合はインクですので液体です。

トナー方式の特徴

トナー方式は、紙の上に色の着いた粉を載せて高熱のローラーで押して定着させます。良い点は紙の上にトナーが乗り、その上を高熱のローラーで押さえる為押さえられた表面が少し光沢が出てオフセット印刷に似た光沢感が出ます。当然光沢が出ると発色が良くなります。マイナス要因としては、紙の繊維に色が着いている印刷やインクジェットの液体インクと違いあくまでも紙の上に粉が載っているだけと言う事です。良くある事ですがポロプロピレン製のファイルホルダーにこのコピーを入れて保管し、しばらくしてファイルから出そうとすると「バリバリ!」を音をたてて取れる。ファイル側に黒い粉が付着しているという経験はありませんか?この現象はポリプロピレンが出す独特の化学反応で紙に着いた粉が遊離してファイルに付着してしましたからです。古いコピーしたものを久しぶりに出すと、色が変わってしまっていたり、粉がぼろぼろと取れてしまったりします。コピーはあくまでもコピーで印刷では有りません。少しコピーしてお互い同じ資料を持っていまよう!という為の用途に適切で長く保存する為の印刷と同じ使い方は適してないと言えると思います。インクジェットと比較してコストが高めなのもマイナス点だと言えます。片面コピーすると高熱のローラーで押さえる為紙がどうしてもゆがみます。従って一度に両面を刷らないかぎり片面ずつコピーする今の技術だとどうしても両面コピーには適していません。一度ローラーでフニャフニャになった紙の上に2度目の裏面をコピーして更に高熱のローラーで定着させる為どうしても両面には弱いと言っていいと思います。紙づまり等のトラブルも両面コピーになるととたんに多くなるのも事実です。

インクジェット方式の特徴

トナー方式に比べて比較的新しいのがこのインクジェット方式です。インクジェットというと大きなポスターなどを想像する方が多いと思います。しかし最近高速のインクジェット方式の印刷機がでてきました。インクジェットはあくまでも液体のインクを紙に吹き付けます。紙の繊維の中にインクが入り乾かします。紙そのものに色が着きます。長い間保存したい文章とか、報告書、テキストなどの保存性を重要視した印刷に適しています。但しこのインクジェットでも機械によってはインクの種類が変わってきます。まず分かりやすい例として家庭用の簡易のインクジェットプリンターの使用しているインクの場合は、ほとんどが水性の染料インクです。これはまず水性という事で水に弱い。屋外等でポスターなどに使用すると雨が降るとインクが落ちてしまいます。また染料インクは紫外線に弱く、特に黄色などは何ヶ月が屋外に貼って置くと色がどんどん失われていってしまいます。それに比べて高速の印刷機の場合は油性の顔料インクを使用しています。またオフセット印刷と同じくインクの中に定着剤が入っています。この定着剤は紙にインクは載った時点からある程度の時間をかけて紙に色を定着させる役目があります。また溶剤も入っていて、この溶剤がインクの中の染料を溶かして紙に浸透する為に使われます。染料インクは紫外線に強いインクです単なる染料インクに比べると野外でもある程度は持ちます。従って印刷はオフセット印刷と同じく紙自体に色が着きますのでそんなに簡単に色が無くなったりしないわけです。ただトナー方式と比べた時に紙自体に色が着きますので紙の繊維の表面がざらざらした感じが残ってしまって、トナー方式の様に高熱ローラーで押さえた様な光沢感はどうしても出ません。但しインクコストなどのコスト面でトナー方式より安く上がるメリットは大きいと思います。

詳しくはこちらへ